庄内 出会系 出会い系 ランチの後

庄内無料を謳う出会いサイトを利用する人々にお話を伺うと、大方全員が、庄内孤独でいるのが嫌だから出会系、ごく短期間の関係を持つことができればそれでいいという捉え方で出会い系サイトを用いています。
言い換えると、ランチの後キャバクラに行く料金を節約したくて、風俗にかける料金ももったいないから、料金の要らない出会い系サイトで、「手に入れた」女性で安上がりで済ませよう、と思いついた中年男性が出会い系サイトを使用しているのです。
男性がそう考える中、女性陣営では少し別のスタンスを包み隠しています。
「熟年男性でもいいから、料理ができてお金がある彼氏が欲しい。出会い系なんてやってる男性はほとんどがモテない人だから、平均くらいの女性でもおもちゃにできるようになるかも!思いがけず、タイプの人に出会えるかも、気持ち悪い人は無理だけど、イケメンだったらデートしたいな。9割がたの女性はこのように考えています。

庄内 出会系 出会い系 ランチの後を使うテク10選

理解しやすい言い方だと庄内、女性は男性のルックスか金銭が目当てですし、男性は「安上がりな女性」を標的に出会い系サイトを使いまくっているのです。
両方とも、ランチの後できるだけお金をかけずにお買い物がしたくて出会いを要求しているようなものです。
そのように、出会い系サイトを使いまくるほどに庄内、男達は女を「もの」として捉えるようになり、女達も自分自身を「品物」として扱うようにいびつな考えになっていくのです。
出会い系サイトのユーザーの考えというのは出会い系、女性をじわじわと意志のない「物」にしていくような病的な「考え方」なのです。
本日インタビューを失敗したのは、ズバリ、以前からサクラのパートをしている五人の男子学生!
集まることができたのは、メンズキャバクラで働いているAさんランチの後、男子学生のBさん、売れっ子芸術家のCさん、某音楽プロダクションに所属したいというDさん、芸人に憧れるEさんの五人です。
筆者「まず先に、やり出すキッカケからうかがっていきましょう。Aさんは後ほどお話しください」
A(元メンズキャバクラ勤務)「俺は、出会い系女性の気持ちが理解できると思い試しに始めました」

庄内 出会系 出会い系 ランチの後活用法

B(大学1回生)「僕は、庄内稼ぐことが重要ではないと考える間もなく始めましたね」
C(表現者)「わしは、ロックミュージシャンをやってるんですけど、まだ始めたばかりなんでさっぱり稼げないんですよ。売れる為にはくだらないことでもこつこつ下積みすると良いらしいんで、出会系、こんなバイトやりたくないのですが、しばらくはアンダーグラウンドな経験値を得ようと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「私は、○○って芸能プロダクションでライブパフォーマーを目指してがんばってるんですが、一回のコンサートで500円ぽっちしか入らないんで…先輩に教えて貰ったサクラのバイトを仕方なくやってるんです」
E(若手お笑い芸人)「実を言うと、小生もDさんと似たような感じでランチの後、1回のコントでたった数百円の贅沢とは言えない生活してるんです。先輩の紹介ではありませんが、出会系ゲリラマーケティングのアルバイトを開始しました」
なんてことでしょう、出会い系メンバー五名のうち三名がタレント事務所に所属しているというパワフルなメンバーでした…、なのに話を聞き取っていくとどうやら、五人にはサクラによくあるおもしろエピソードは無さそうでした…。

関連記事